口コミブログ

実際に買って試したアレコレや食べた物の感想、遊びに行った所の口コミをブログにつらつら書いてます。

*

引越し侍 引っ越しの見積もり額は本当に半額になるの?

      2017/05/21

今年の2017年5月、引越しをしました!引っ越しするなら見積もりを何ヶ所からとって比較したほうが安くなる!と友人に言われ、CMで見かけて評判も良さそうな「引越し侍」という一括見積もりの申し込みサイトを利用してみ
ました。

結果。やっぱり引越業者によって価格や色々なサービスが違うので、自分に合った業者さんを探すのに引越し侍を利用したのは大正解でした!
でも本当に引越し侍を利用すると、引越し代が半額になるの???ということで、実際の見積もり価格や各業者さんの評価・感想などをご紹介しようと思います。

我が家が希望した引っ越しプラン

まず我が家の引っ越しのプランですが、こんな感じです。

  • 日程はゴールデンウィーク前後
  • 二人家族
  • 荷物多め(家具のほか衣装ケースが30個くらい)
  • 引越し先は、車で5分くらいの近場
  • 大型冷蔵庫とレンジ台、大型のスチールラックは業者さんに処分を希望
  • 食器棚と押入れ用収納家具は、知人に譲りたいので配達をお願いしたい
  • ハンガーBOXを借りたい
  • ダンボールは無料でもらいたい

 

引っ越しの見積もりをとる前にしたこと

荷物を減らして見積り額を安くする

まずは断捨離!荷物をなるべく減らしました。荷物が少ないほうが見積価格も少なくなるはずですから。
状態の良いものはブランディアへ出し、ブランディアで扱ってもらえなかったものはヤフオク代行に丸投げしました。いちいち荷物を買い取ってもらう先を考えるのが面倒だったら、訪問買取サービスを利用するといいと思います。

あと、ノーブランドの物や 人に譲るには古すぎる服は古着deワクチンに寄付しました。
古着1箱で発展途上国の赤ちゃんへのワクチンも寄付できるので、捨ててしまうより気持ち穏やかにお気に入りだった服とサヨナラできます(笑)

 
■ 可能なら相場価格の安い日に日程をずらす

できればゴールデンウィーク中に引っ越したかったのですが、連休中の相場は高いようなので、1日ずらしてゴールデンウィーク後に日程を変更しました。

 

引越し侍を利用して良かったところ

各社の見積もり価格がその場で分かる

入力はちょっと面倒ですが、家具や家電の数や衣装ケースの数、ピアノ、仏壇・・・など、自宅の荷物をざっくり入力すると、その場で各業者の見積価格が分かります(この時点では、個人情報は入力しません)
うちの場合は11件の業者さんの見積もり額が表示されました。 45,760円〜169,400まで、見積もり価格は様々。これって半額どころの差ではないですよね(笑)

クリックすると大きな画像が見られます

 

 
無料ダンボールやハンガー専用ボックスの無料貸し出しの有無、家電1点引き取りサービスなどの各種サービスが一目でわかる

価格のほかにも、 作業員の人数、使用するトラックのサイズ、口コミ 、特典(※)などの基本サービスが、分かりやすい一覧表で表示されます。

※ ダンボール・テーブ・梱包資材・ハンガー専用box、布団袋、引越保険、養生、家具配置、エアコン着脱、ピアノ運搬、マイカー輸送、ペット輸送、荷物の一時保管、ハウスクリーニング、その他(不用品買取・盗聴器調査・敷金返還交渉など )

 

 
無駄な電話が来ない

引越し侍などの一括見積もりサイトで怖いのは、ネットで申し込みをした途端ものすごい数の業者さんから電話が来ること(笑)
それはちょっと面倒くさいなぁ~。。という私が選んだのは、引越し侍のこちらのページ。

⇒  ネットで見積もり料金と相場がわかる!その場で業者に予約

ここから申込めば、訪問見積もりを依頼した業者さんからしか電話が来ません(我が家は3件だけ申し込みました)

私が 見積もりしてもらう業者を選ぶ基準にしたのは、ハンガー専用BOXの有無。
洋服ダンスのたくさんの服を いちいちダンボールに詰めるのは面倒くさいので、お手軽にハンガーのままかけて運びたかったんです。なのでハンガー専用BOXを無料で用意してくれる業者さんの中から、条件が良さそうな3社に訪問見積もりを依頼しました。

ちなみに「引越し業者からバンバン電話が掛かってきてもOKだから、なるべく入力を手短に済ませたい」という人は、こちらのサイトへどうぞ。

⇒ 「引越し達人セレクト」見積もり

 

引越し侍を利用してイマイチだったところ

 ネット見積もりと訪問見積もりの価格が違う

やっぱり!な結果ですが、ネット入力して表示された金額と、実際に訪問して出してもらった見積もり金額は同じにならないです。金額には結構開きがありました。

A社 ネット見積⇒ 63,800円 訪問見積⇒ 97,000円
B社 ネット見積⇒ 49,800円 訪問見積⇒ 94,800円
C社 ネット見積⇒ 47,410円 訪問見積⇒ 84,300円

ただ、ネットでざっくり入力しただけで正確な金額は出せないでしょうし、うちの場合追加のオプション(違う場所に食器棚などを運ぶ&家電、家具の処分)も後から加えました。更に、衣裳ケースの数も10個くらいと入力してしまったので(本当は30個!)もしかしたら結構正確な価格が表示されていたのかも知れません。

 

訪問見積りをしてもらった比較・感想と評価

引っ越し侍で申込みをして、3社の引越し業者に訪問見積もりしてもらうことにしたのですが、やっぱり実際に来てもらって話を聞くと、各社の違いがハッキリ分かります。

 

A社 ネット見積⇒ 63,800円 訪問見積⇒ 97,000円

一番最初に来てもらった業者さんです。ダンボール50枚まで無料と家電の引き取りを ひとつ無料でサービスしてくれるのが嬉しいポイントでしたが、断捨離中の訪問だったので、タンスなど家具の中の物が外にめいっぱい出ている状態。。部屋に散らかった荷物の他に、タンスの中にも荷物が入っていると思われたようで、ダンボールの数が80個で計算されてしまいました(後から気が付いた 泣)。必然的に見積額が上がり、一番の高額に。
営業の方もいい感じだし、冷蔵庫を引き取ってもらうと別料金で5,000円~かかるので是非ここにお願いしたかったのですが、出してもらった見積り額が あとで修正してもらえるのか不明だった為、残念ながらあきらめました。

教訓:訪問見積もりのときは、なるべく荷物をスッキリ片付けておこう

 

B社 ネット見積⇒ 49,800円 訪問見積⇒ 94,800円

A社の教訓を生かして、部屋の中を片付けてから来てもらったB社の営業さんは「超A型気質」の細々と聞いて計算していくタイプ。家具の引き出しの中身もしっかり確認&引越し先の駐車場から玄関までの距離もきっちりチェックして見積もり額を提示してくれました。ここは明瞭会計だったので、食器棚を友人宅に届けるの分も きちんと料金が伝えられました。別便になるということで+16,000円なり。

好き嫌いは別として、間違いのない見積もり額なんだろうなぁ、という印象。

 

C社 ネット見積⇒ 47,410円 訪問見積⇒ 84,300円

一番頑張った価格を出してくれたのがC社。ゴールデンウィーク後のヒマになった日の仕事をどうしても取りたかったみたいで、家の荷物のチェックもそこそこに最安値を叩き出してくれました。
あまりに簡単に出された最安値だったので ちょっと不安はありましたが「本気でこの仕事が欲しいんです!」との一言で、ここに決めました。もちろんハンガー専用BOXは無料。その他、ダンボール、梱包材も好きなだけ無料!

ちなみに冷蔵庫・レンジ台・スチールラックの引きとりは合計で10,000円でした。

 

引越し侍を利用してみた感想とまとめ

引越し業者は比較するべきなんだなぁ、とつくづく感じました。
業者さんによって家電引き取りやダンボールの数など 無料になるサービスが違うため、実際に見積もりしてみないと、何処の業者さんが我が家にとって一番お得になるのか分かりません。

だからサービスを比較してから一括して申し込みできる引越し侍はとても便利でした。
今度引越しするときも、是非また利用したいと思います。

 - くらし , ,